過去の研究会のお知らせ(以下の研究会は終了しました)

10月月例研究会

【10月月例研究会のお知らせ】
(日時)2017年10月15日(日)  17時 ~ 19時
(会場)東北大学 川内キャンパス・文科系総合講義棟・第1小講義室
(報告者) 栗田佳泰会員(新潟大学) 「裁量審査における憲法上の権利と価値に関する一考察――学校における信教の自由と合理的配慮(reasonable accommodation)に関するカナダ最高裁判決を素材に――」

※月例会終了後、懇親会を開催します。参加をご希望の会員は、事務局(info★kenriken.jp.net)までお申し込み下さい(9月30日〔土〕必着)。参加費用は専任6,000円、非専任4,000円を予定しております。

夏季合宿研究会

【夏季合宿研究会のお知らせ】
(日程)2017 年8 月22 日(火)~24 日(木)
(会場)高知市内で調整中
(会場幹事)岡田健一郎会員(高知大学)
(報告)
①牧本公明会員(松山大学)「公益通報者保護の憲法的意義(仮)」
②山本真敬会員(下関市立大学)「ドイツ連邦憲法裁判所における主張可能性の統制について(仮)」
③小川有希子会員(慶應義塾大学・院) 「科学技術立法における民主的正統性の意義(仮)」
④斉藤拓実会員(中央大学・院) 「日本におけるヘイトスピーチー救済論の視点から―(仮)」
⑤公文豪氏(高知近代史研究会々長、現地報告者) 「「民権ばあさん」楠瀬喜多と女性参政権」

参加費用は専任30,000円、非専任25,000円を予定しております。
参加をご希望の会員は、以下のフォームに必要事項をご記入の上、事務局までお申し込み下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年度夏季合宿研究会参加申込

お名前:
ご所属:
    専任/非専任のいずれか
ご住所:
電話番号:
メールアドレス:
個室使用の希望の有無:
(【希望する/希望しない】のいずれかをご記入ください)
個室使用不可の場合の参加の可否:
(【相部屋を使用して参加する/参加しない】のいずれかを,個室希望の方のみご記入ください )
ご意見・ご希望等:

2017年7月22日(土)必着(これ以降のキャンセル・変更には料金がかかる場合があります)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
憲理研事務局:info★kenriken.jp.net (★を@に変えてください)

※ 現地集合時間は14時30分の予定です。早割等の航空券のご予約の場合、次の便をご参考にしてください。

往路(羽田発) JAL493 便 09:30 発(高知10:50 着)、ANA563 便 11:25 発(高知12:50 着)
(伊丹発) ANA1605 便 10:10 発(高知10:55 着)

なお、お帰りの便については、2 日目のお帰りになる方、最終日にお帰りになる方とも、午後2 時以降の便、余裕を持たせるなら午後3 時以降の便を予約されることをお勧めします。
 

7月ミニ・シンポジウム

【2017 年7月ミニ・シンポジウムのお知らせ】
(日時)2017 年7 月15 日(土)14 時30 分~17 時 45分(予定)
(会場)早稲田大学 早稲田キャンパス15号館102教室
(全体テーマ)「憲法訴訟の動向 ――実務と学問の対話――」
(総合司会)建石真公子会員(法政大学)
(内容)
① 講演 千葉勝美 氏(元最高裁判所判事) 「司法部の立ち位置と最高裁憲法判例の展開」
② 対談 千葉勝美 氏 × 渡辺康行 会員(一橋大学)× 駒村圭吾 会員(慶應義塾大学)
③ 会場からの質疑応答

 【2017】憲理研ミニシンポちらし 2種
ちらしデザイン① ちらしデザイン②
(文字をクリックするとPDFファイルが開きます。デザインが異なりますが記載内容は同一です。)

※会員以外の方が出席を希望される場合には、会員の方のご紹介で、あらかじめ事務局へ申請をお願いいたします。
★ミニ・シンポジウム終了後、懇親会を開催します。参加費用は専任6,000円、非専任4,000円を予定しております。参加をご希望の会員は、以下のフォームに必要事項をご記入の上、事務局までお申し込み下さい(2017年7月7日(金)必着)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月ミニシンポジウム懇親会申込

お名前:
ご所属:
専任/非専任のいずれか
ご連絡先:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
憲理研事務局:info★kenriken.jp.net (★を@に変えてください)
 
 

6月月例研究会

【6月月例研究会のお知らせ】

(日時)2017 年 6 月 17 日(土)14 時 30 分~18 時(予定)
(会場)立正大学 品川キャンパス11号館6階1161教室
(報告)
①橋爪英輔 会員(慶應義塾大学・院)「フランスの政治裁判権における司法官の位置づけ(仮)」
②森口千弘 会員(早稲田大学・招聘研究員) 「アメリカにおける世俗的良心への制約と保護(仮)」

5月春季研究総会

【5月春季研究総会のお知らせ】

(日時)2017 年 5月 14 日(日) 9時 30分~ 16時 45分(予定)
(会場)神戸学院大学ポートアイランドキャンパス B201講義室(B号館2階)
(全体テーマ)「緊急事態と憲法理論──憲法規範化と統制の観点から」
(報告者・テーマ)
①長谷部恭男会員(早稲田大学) 「緊急事態序説──カール・シュミットを手掛かりとして」
②木下智史会員(関西大学)「緊急事態に対する議会による統制 ―ブルース・アッカマンのEmergency Constitution論再考―」
③村田尚紀氏(ゲストスピーカー・関西大学)「フランスにおける緊急状態をめぐる憲法ヴォードヴィル」
④高橋雅人会員(拓殖大学)「緊急事態に対する行政による統制―ドイツを素材に」

(司会者)青井未帆会員(学習院大学)、武田芳樹会員(山梨学院大学)

☆昼休憩中に、運営委員会(A号館4階中会議室)、院生および非専任若手会員交流会(B304演習室)を開催いたします。詳細は通信をご覧ください。

※ お弁当のお申し込みについて
研究総会当日は日曜日であり大学内の飲食施設は利用できず、付近に飲食店もありません。
そこで、お弁当(1000円を予定)を用意いたします。
ご希望の方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、事務局までお申し込み下さい。

※ 懇親会について
懇親会参加をご希望の会員は、下記のフォームにて、事務局までお申し込み下さい。
参加費用は専任5000 円、非専任3000 円を予定しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5月春季研究総会お弁当申込

お名前:
ご所属:
ご連絡先:

※2017年5月6日(土)必着

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5月春季研究総会懇親会参加申込

お名前:
ご所属:
専任/非専任のいずれか
ご連絡先:

※2017年5月6日(土)必着

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事務局連絡先:info★kenriken.jp.net
※「★」を@に変えてください。

3月月例研究会

【3月月例研究会のお知らせ】

(日時)2017 年 3 月 18 日(土)14 時 30 分~18 時(予定)
(会場)法政大学市ヶ谷キャンパス富士見坂校舎F310(3階)
(報告)
①川鍋健会員(一橋大学・院)
 「平等の実現と裁判所の果たすべき役割―アッカマン及びバルキンの議論からの示唆として(仮)」
②平松直登会員(明治大学・院)
 「憲法における『私人間効力』論の現状分析―イギリスにおける『水平的効力』の議論を素材として(仮)」
 

12月月例研究会

【12 月月例研究会のお知らせ】
(日時)2016 年 12 月 17 日(土)14 時 30 分~18 時(予定)
(会場)立正大学品川キャンパス 11 号館 6 階 1161 教室
(報告)全体テーマ「国際化の中の立憲主義」
①齊藤正彰会員(北海道大学)「国際化の中の立憲主義と憲法学のスタンス」
②手塚崇聡会員(中京大学)「裁判所における条約の参照 ―「参照」の意義とその限界―」

※12月月例研究会後、恒例の忘年会を開催いたします。予めお申し込みが必要となります(12月9日(金)必着)。

忘年会会場:完全個室居酒屋極 五反田西口店

下記のフォームに必要事項をご記入の上、info☆kenriken.jp.net(☆を@に変えてください)までお申し込みください。
参加費用は専任5000円、非専任3000円を予定しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
忘年会参加申込

お名前:
ご所属:
専任/非専任のいずれか
ご連絡先:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月月例研究会

【11 月月例研究会のお知らせ】
(日時)2016 年 11 月 19 日(土)14 時 30 分~18 時(予定)
(会場)日本大学法学部三崎町キャンパス 2 号館 242 講堂(4 階)
(報告)
①辻健太会員(早稲田大学・助手)「生存権と貢献原則(仮)」
②長利一会員(東邦大学)「『外見的立憲主義』と緊急権 ――明治憲法体制下の緊急権―― 日独比較」

10月月例研究会

【10 月月例研究会のお知らせ】
(日時)2016 年 10 月 9 日(日)(公法学会 2 日目後)18 時~20 時(予定)
(会場)慶應義塾大学三田キャンパス南館地下 4 階 ディスタンスラーニングルーム
(報告)光信一宏会員(愛媛大学)「フランスにおける差別的表現の法規制(仮)」

【2016 年度第 2 回運営委員会及び臨時事務総会のお知らせ】
第 2 回運営委員会(日時)2016 年 10 月 9 日(日)17 時~17 時 30 分(予定)
(会場)慶応義塾大学三田キャンパス南館地下 3 階 2B35 教室
臨時事務総会 (日時)同日 17 時 30 分~18 時(予定)
(会場)慶応義塾大学三田キャンパス南館地下 4 階ディスタンスラーニングルーム

※月例会終了後,懇親会を開催します(会場:びのぐらーちぇ)。
参加費用は専任5,000円/非専任3,000円を予定しております。
参加ご希望の方は次の方法で9月28日(水)までにお申し込みださい。
※メールでの申込に限り、締切を10月6日(木)までに延長いたします。

・メールによる申込
下のフォーマットをメールにコピー&ペーストし,必要事項をご記入のうえ,憲理研事務局
info★kenriken.jp.net (★を@に変えてください)までお送りください。
=======================
10月月例会懇親会申込

お名前:
ご所属:
専任/非専任のいずれか
ご連絡先:
======================

・FAXもしくは郵送による申込
憲理研通信149号6ページの「参加申込書」に必要事項をご記入のうえ,通信記載のFAX番号もしく
こちらまで郵便でお送りください。

 

夏季合宿研究会

(日程)2016年8月23日(火)~25日(木)
(会場)宿泊 エムズホテルクレール宮崎 HP
   研究会 宮崎市民プラザ中会議室 会場へのアクセス
(会場幹事)成瀬トーマス誠会員(宮崎大学)
(報告)
・阿部純子会員(宮崎産業経営大学)「拷問の禁止について―憲法と国際法の視点から―(仮)」
・清水潤会員(崇城大学)「19 世紀後期アメリカの憲法論に対するコモン・ローの影響について:コモン・ロー、憲法、市民的自由(仮)」
・金原宏明会員(関西大学・院)「厳格審査の基準の適用方法についての一考察―青少年保護目的の表現規制を中心に―(仮)」
・菅谷麻衣会員(慶應義塾大学・院)「低価値言論と内容規制(仮)」
・工藤伸太郎氏(弁護士、現地報告者)「川内原発訴訟について(仮)」

 

7月ミニ・シンポジウム

【2016年7月ミニ・シンポジウムのお知らせ】
今年度のミニ・シンポジウムは、関西憲法判例研究会との共催で開催します。
(日時)2016年7月9日(土)14時30分~18時
(会場)関西大学千里山キャンパス以文館2階25教室 (責任者)木下智史会員
(報告)全体テーマ:「司法審査制と民主主義論の現在」
①市川正人会員(立命館大学)「わが国における『司法審査と民主主義』論の経緯と展望』(仮)」
②金澤孝会員(早稲田大学)「『反多数決主義という難問』の存在意義に関する若干の考察(仮)」

★ミニ・シンポジウム終了後、18時30分より懇親会を開催します(会場:「すっぽん」〔関西大学千里山キャンパスから徒歩数分〕)。参加をご希望の会員は、FAX・郵便・電子メールにて、憲理研事務局まで「お名前・ご所属(専任/非専任)・ご連絡先」をお知らせください。(6月30日必着)。参加費用は専任5,000円、非専任3,000 円を予定しております。

6月例会

【2016年6月月例研究会のお知らせ】
(日時)2016年6月18日(土)15時00分~18時
(会場)成城大学3号館3階大会議室
(報告)
 ①牧野力也会員(筑波大学・院)「『患者の自己決定権』の憲法上の定位について―韓国憲法学における自己決定
  権論との比較を通して―」
 ②上田宏和会員(創価大学)「同性婚をめぐる合衆国最高裁判例の『論理』的展開―Lawrence,
  Windsor,Obergefell 判決―」

5月春季研究総会

【2016年5月春季研究総会のお知らせ】
(日時)2016年5月8日(日)9時~17時(予定)(※終了後,懇親会)
(会場)中京大学名古屋キャンパス1号館清明ホール(会場校幹事)横尾日出雄会員
(報告)全体テーマ:立憲主義の多義性と普遍性(仮)
  ①赤坂幸一氏(九州大学・ゲストスピーカー)「ドイツと日本における立憲主義の過去・現在・未来(仮)」
  ②成澤孝人会員(信州大学)「イギリスにおける不文の立憲主義について(仮)」
  ③大河内美紀会員(名古屋大学)「アメリカにおける「立憲主義」概念の現在(仮)」
  ④山元一会員(慶應義塾大学)「世界のグローバル化と立憲主義の変容(仮)」
(司会者)植村勝慶会員(國學院大学)、濵口晶子会員(龍谷大学)

☆事務総会のお知らせ
2016年5月8日(日)13時30分より事務総会を開催いたします。万障繰り合わせの上、ご出席くださいますようお願い申し上げます。
議題:次年度研究テーマ,新入会員の承認,予算・決算の承認,その他
(詳細は憲理研通信をご覧ください)

☆運営委員選挙のお知らせ
上記春季研究総会時(5月8日)に、次期運営委員会の委員の選挙が行われます。
(詳細は同封の「運営委員選挙の公示について」をご覧ください)

☆2016年度第1回運営委員会のお知らせ
2016年5月8日(日)12時10分より,運営委員会が開かれます。運営委員の先生方は万障繰り合わせの上,ご出席くださいますようお願い申し上げます。
(詳細は招集通知をご覧ください)

☆院生・若手交流会のお知らせ
上記春季研究総会時(5月8日)の昼休みの時間帯に、憲理研の会員の多くを占める全国の院生及び非専任若手会員の相互交流を深めるために、意見交換のための交流会を開催します。なお、各自で昼食をご準備の上、ご参加ください。その際、昼食にかかりました料金のレシートをご持参ください(氏名をあらかじめご記入ください。事務局より昼食代への補助〔上限 1,000 円〕があります)。
(詳細は憲理研通信をご覧ください)

3月例会

【2016年3月月例研究会のお知らせ】
(会場)立正大学品川キャンパス11号館7階1171教室
(日時)2015年3月19日(土)14時30分~18時00分(予定)
(報告)全体テーマ:
①入井凡乃会員(椙山女学園大学非常勤講師)「法律制定後の立法者の義務―事後的是正義務を中心に(仮)」
②川口かしみ会員(早稲田大学・院)「憲法24条におけるジェンダー差別是正の可能性――最高裁夫婦別氏訴訟の検討を通して(仮)」

会場へのアクセス:大崎駅、五反田駅から徒歩5分、大崎広小路駅から徒歩1分、不動前駅から徒歩13分
(会場のある11号館は山手通り口正面の建物ですが、春季休業中の土曜日のため、山手通り口が閉門している可能性もあります。この場合、正門からお入りください。)

12月例会・忘年会

日 時:12月19日(土)研究会14時30分~17時50分,忘年会18時~20時30分(予定)
会 場:工学院大学新宿校舎28階第1会議室
全体テーマ:「憲法の基本原理の探求と現代~憲法学の先達との対話~」
第1部 14時30分~
 浦田 賢治 会員(早稲田大学名誉教授)「憲法学断章」
第2部 16時20分~
 永井 憲一 元会員(法政大学名誉教授)「憲法と教育法の研究50年」

忘年会
12月月例会後,忘年会を開催いたします。多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。
参加費用:専任5,000円,非専任3,000円(予定)

11月例会

日時:11月28日(土)14時30分~18時
全体テーマ:「現代フランス憲法における2つの政治制度変容論」
報告者:岩垣真人会員(一橋大学・院)「フランス財政法政の転回と国家像」(仮)
    三上佳佑会員(早稲田大学・院)「フランスにおける執行権の政治責任原理とその『刑事』化」(仮)
会場 :法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナードタワー 25階 B会議室

10月例会

日時:2015年10月16日(金)17:30-19:30(予定)
場所:京都産業大学むすびわざ館(3階3A教室)
  *全国憲法研究会秋季研究総会と同じ建物になります。
アクセス:JR丹波口駅 徒歩4分/阪急大宮駅 徒歩7分/京福 四条大宮駅 徒歩7分
  * 京都産業大学むすびわざ館へのアクセス(京都産業大学むすびわざ館ウェブサイト)
  (新しいウィンドウで開きます)
報告者・報告テーマ:
建石 真公子 会員(法政大学)「生殖補助医療の法的規制と尊厳・人格・平等・親子~日本、フランスおよびヨーロッパ人権裁判における権利間の優先順位という課題~」

例会後,全国憲法研究会と共催で懇親会を予定しています。皆様奮ってご参加ください。
会費:常勤職にある方5000円,常勤職にない方3500円(いずれも予定)
会場:四条烏丸の周辺を予定しています。
締切は,9月30日 必着です。よろしくお願いいたします。

夏季合宿研究会

【重要:箱根火山活動活発化のため,合宿先が変更になりました。ご注意願います。ご不明な点があれば事務局までお問い合わせください】
日程:2015年9月1日(火)~3日(木)
場所:静岡県熱海市 レクトーレ熱海桃山
*新しいウインドウで開きます。
幹事:茂木洋平会員(桐蔭横浜大学)
費用:専任3万2千円・非専任2万5千円程度(いずれも予定。※宿の変更により専任料金が変更になりました)
※おかげさまで盛況により,専任の会員の皆様の料金を2泊3万円にすることになりました。御礼申し上げます(2015年8月28日記)。
  *個室希望の場合は,専任・非専任とも3千円(2泊:予定)追加。
  *個室は数に限りがありますので,原則として先着順にて受け付けます。4月10日以降,本会アドレスまたはFAX(成城大学法学部資料室・大津浩宛03-3482-2455)まで仮予約をお申し込みください。
報告者・各報告テーマ:
松本 賢人 氏(現地報告者・第2東京弁護士会)神奈川県臨時特例企業税条例事件(仮)
西土 彰一郎 会員(成城大学)ドイツにおけるトランスナショナル憲法論(仮)
實原 隆志 会員(長崎県立大学)「萎縮」させることによる間接的侵害の成否(仮)
今井 健太郎 会員(早稲田大・院)対テロ戦争と手続的デュー・プロセス―ポスト9.11のアメリカの連邦最高裁判所における判例法理の展開」(仮)
水谷 瑛嗣郎 会員(慶應義塾大・院)「アメリカのプレスの自由と内部規律について」(仮)

7月ミニ・シンポジウム

日時:2015年7月18日(土)14:00~17:45(予定)
全体テーマ:ヘイトスピーチと憲法(ヘイトスピーチと憲法~ヘイトスピーチ問題における「対話」の可能性~)
会 場:早稲田大学早稲田キャンパス8号館B-102教室(地下1階)
報告者・各報告テーマ:
冨増 四季 氏(ゲストスピーカー・京都弁護士会)京都朝鮮第一初級学校 威力業務妨害事件 ヘイト「クライム」からの教訓・示唆
毛利 透  会員(京都大学)ドイツ憲法から考えるヘイトスピーチ規制
奈須 祐治 会員(西南学院大学)アメリカにおけるヘイトスピーチ規制の歴史と現状―「特殊」なモデルの形成と変容

6月例会

日時:2015年6月20日(土)14:30-17:30
全体テーマ:連邦国家化と憲法をめぐるベルギーとイタリアの「対話」
報告者・各報告テーマ:
芦田 淳  会員(国立国会図書館)イタリア共和国憲法における「不可分の国家」と連邦制(仮)
武居 一正 会員(福岡大学)ベルギーの第6次国家改革(2010-2014年)と連邦化のゆくえ(仮)
  ※参考文献:武居一正「ベルギーの政変(2010-2011年)について」福大法学論叢56巻4号363-413頁
会 場:日本大学法学部三崎町キャンパス10号館1073教室(7階)

2015年度春季研究総会

日時:2015年5月10日(日)
9時20分~17時30分(予定。その後懇親会を予定しております)
全体テーマ:大学自治保障論に見る制度と法の「対話」(仮)
報告者・各報告テーマ:
石川 健治 氏(ゲストスピーカー・東京大学)総論・制度的保障論批判(仮)
小貫 幸浩 会員(駿河台大学)ドイツの大学自治と制度的保障論(仮)
南野 森  会員(九州大学)フランスの大学自治と制度理論・憲法ブロック論(仮)
中林 暁生 会員(東北大学)アメリカの大学自治と制度理論(仮)
司会:
高佐 智美 会員(青山学院大学),上村 都 会員(新潟大学)
会 場:明治大学駿河台校舎リバティタワー6階1063教室
(会場校幹事 江藤 英樹 会員)

【事務総会・運営委員会・若手交流会】
春季研究総会のお昼休み(12:10-13:50)には,運営委員会(リバティタワー6階1061教室)および若手交流会があります。運営委員の皆様におかれましてはご参集なにとぞ宜しくお願いいたします(詳細は別途連絡いたします)。
また,若手交流会(グローバルフロント403D〔3階D教室〕)は,非専任・若手の院生の交流を目的とした会で,各自昼食をとりながら交流をするものです。昼食代の補助(上限1000円)がありますので,昼食およびそのレシートをお持ちになってください(おつりが出ないようにご協力ください)。
その後14時から,総会会場にて事務総会がございますので,ご出席くださいますようお願いいたします。

3月例会

日時:2015年3月28日(土)(第3土曜ではありませんのでご注意下さい
14時30分~17時30分(予定)
全体テーマ:公務員の特殊な地位と市民としての権利との「対話」(仮)
報告者・各報告テーマ:
安原 陽平 会員「ドイツ基本法33条5項『職業官吏制度の伝統的諸原則』の規範的意味(仮)」
堀口 悟郎 会員「フランスにおける『大学の自治』(仮)」
会 場:成城大学3号館2階321号教室

12月例会・忘年会

日時:12月20日(土)研究会14:00-17:30、忘年会18:00-20:00
全体テーマ:風営法ダンス規制問題を考える(仮)
報告者:齋藤 貴弘 氏(弁護士、第二東京弁護士会) 
    「ダンス営業規制をめぐる状況―法改正の動きなどを含む(仮)」
    水谷 恭史 氏(弁護士、大阪弁護士会)
    「NOON摘発の実際の状況と弁護団の主張(NOON裁判の主任弁護人として)(仮)」
    新井 誠 会員(広島大学)
    「ダンス営業規制をめぐる憲法論(仮)」
会 場:工学院大新宿校舎28階第4会議室(予定)
忘年会:例年(通常年)の要領にて行う予定。会場は例会会場周辺。
アクセス:各線新宿駅(JR新宿駅西口)から徒歩5分。

【第3回運営委員会のお知らせ】
12月月例研究会の前の時間(13:00-13:50)に、月例研究会と同じ場所で、2014年度第3回運営委員会を開催いたします。詳細は別にお知らせいたしますが、主な議題は次の事項となります。
 2015年3・4月の月例研究会(案)/2015年春季研究総会(案)/入会の承認/その他

11月例会

日時:11月15日(土)15:00-17:00(予定)
報告者:茂木 洋平 会員(桐蔭横浜大学)
テーマ:「多様性の価値とAffirmative Action」
会 場:早稲田大学 早稲田キャンパス8号館 B-101教室

2014年度10月例会

日 時: 10 月 17日(金) 日(金) 17 時 35 分~ 19 時
報告者: 藤井 正希 会員 (群馬大学)
テーマ: 「マスメディアの情報操作の弊害 ~ 国民主権の観点から(仮)」
会 場 : 東京慈恵会医科大学 国領キャンパス 看護学科校舎 1階大講堂
幹 事 : 小沢 隆一 会員(東京慈恵会医科大学)

・第2回運営委員会および事務総会の開催
10月月例研究会に先立ち,第2回運営委員会および事務総会を開催いたします。
第2回運営委員会の会場は,医学科国領校舎本館1階のB会議室です。直前まで開催されている全国憲法研究にご参加の運営委員の先生方につきましては,係がご案内いたします。
また事務総会が,10月例研究会前に,月例研究会と同じ場で開催されます。
日時:2014年10月17日(金)
第2回運営委員会:17:05-17:25
事務総会:17:30-17:35
議題:次期運営委員長の承認について/次期事務局長の選出について/新規入会者の承認について/その他

・懇親会(10月月例会終了後)
月例研究会終了後、懇親会を開催いたします。みなさまふるってご参加ください。
会費:常勤職にある方4,000円  常勤職にない方2,000円
時間:19時15分-20時45分
会場:東京慈恵会医科大学学生食堂Bella(ベッラ)
<会場校より>
・懇親会場は,普段,学生にランチを提供するいわゆる「学生食堂」ですが,帝国ホテル等で修行した元シェフ直伝のスタッフが自慢の料理を用意します。どうぞご堪能ください。

8月夏季合宿研究会

【8月夏季合宿研究会 】
 日 程:2014年8月24日(日)から8月26日(火)
 場 所:岩手県盛岡市 / 宿泊所:地方職員共済組合繋保養所 清温荘
 幹 事:江原 勝行会員(岩手大学) 菊地 洋会員(岩手大学)
 報告者・報告題目
 ・菊池 優太 氏 (岩手県法務学事課特命課長)「復興事業のための用地取得における憲法問題(仮)」
 ・中島 宏 会員 (山形大)「ブルカ禁止法のその後~Baby Loup事件と欧州人権裁判所判決(仮)」
 ・小池 洋平 会員 (早稲田・院)「奴隷的拘束禁止の憲法上の意義:アメリカ合衆国憲法修正第13条制定時との対話を通じて(仮)」
 ・千國 亮介 会員 (早稲田・院)「死刑と被害者をめぐる基本権ドグマーティク(仮)」

7月ミニ・シンポジウム

 日 時: 7月19日(土)14時00分-16時45分(終了予定)
 会 場: 日本大学三崎町キャンパス(最寄り駅は水道橋駅・神保町駅になります)
      法学部10号館1011講堂(1階)

 テーマ: 「平等関連判例の地殻変動」
 趣 旨:近年、政治的平等についても、家族法的・社会保障法的・労働法的な平等についても、判例動向に地殻
     変動ともいうべき変化が起こっているように見える。今回のミニ・シンポジウムでは政治的平等と家族
     法的・社会保障法的・労働法的平等の二つの方向から平等についての判例の動向を検討し、実際に地殻
     変動が起こっているのか、起こっているならそれはどのようなものか検討することによって憲法上の平
     等原則の理解を深めたい。
 報告者:巻 美矢紀 会員(千葉大学)「公共領域における「地位の平等」の象徴的宣言――近年の議員定数不均衡を
     めぐる判決を中心に(仮)」
     吉田 仁美 会員(関東学院大学)「家族、出自、ジェンダー問題をめぐる領域での平等-婚外子相続分規
     定違憲訴訟を中心に-(仮)」

※13名の運営委員を選出する会議を以下の要領で行いますので、2014年5月11日の運営委員選挙で当選された会
員はご参集ください。

憲法理論研究会推薦運営委員選考会議
日 時:2014年7月19日(土)13時~13時50分(ミニ・シンポジウムの前)
会 場:日本大学 法学部 11号館 会議室(2階)
(11号館の入館にあたっては、建物の入口でインターホンを押してくださいますようお願いいたします)

2014年度春季研究総会

  日 時: 5月11日(日)9:30〜16:20
  タイムテーブル: 9:00 開場
           9:30-11:35  研究報告
           11:35-11:55 事務案内
           12:10-13:20 昼休み(運営委員会・若手交流会)
           13:30-14:00 事務総会
           14:00-16:15 質疑応答 
           16:15-16:20 閉会挨拶
           16:30 懇親会会場へ移動
  会 場: 広島大学東千田キャンパス(広島市中区東千田町 1-1-89) A 棟 5 階 501 講義室(予定)
        アクセスマップ・キャンパスマップはこちらをご覧下さい(広島大学HPへ移動します)
        ※広島市内のキャンパスです。東広島キャンパスではありませんのでご注意ください
  幹 事: 新井 誠 会員(広島大学)
  全体テーマ: 戦後史の中の憲法
  趣 旨:
    憲法理論研究会が発足した 1964年は、内閣憲法調査会の報告書が提出された時期に重なる。憲理
   研が50周年を迎えつつあった2013年、改憲の手続要件を緩和する「96 条先行改正論」が登場した。
   学界こぞっての批判と世論に生まれた警戒感から「“裏口入学”明文改憲」が後景に退いたかに見える
   が、「壊憲」法律の整備が急ピッチで進められている。こうした動きは、「近代日本がたどった憲法
   史、敗戦という転換点によって始動した戦後史をまるごと“無化“するがごとき企て」と呼びうる。
    この「企て」に抗する憲法の正統性を調達しうる土壌を戦後憲政史は培ってきただろうか。戦後の
   日本憲法学が日本社会といかに〈対話〉してきたか検証しつつ、憲法学の今日的理論課題を探る。
  司会者: 大津 浩 会員(成城大学)・河上 暁弘 会員(広島市立大学)
  報告者とテーマ

   三島 憲一 氏 (ゲストスピーカー・大阪大学名誉教授/ドイツ思想)
    「憲法と公共圏(世論)――ドイツ連邦共和国の例」

      憲法規範の成立およびその政治や日常への定着に公共の議論がどのような役割を果たしている
     かを、シュピーゲル事件、過激派条例、政治的庇護権、ドイツ統一、過去の認識などの例を取り
     上げながら、公共圏と憲法規範との循環関係を考えてみたい。また批判や不満が政治に反映され
     ることが先進国で最も少ない国として比較社会学者アイゼンシュタットは日本を挙げるが、この
     見方を裏づけるファクターを公務員の政治活動禁止からはじまり、大学や学会の日常生活にまで
     わたる諸現象に見てみたい。

   西原 博史 会員 (早稲田大学)
    「日本の憲法学における人権概念と『国民』利益の逆襲」(仮)

      憲理研創設時、通説形成期の憲法学に対する批判的問題意識が大きな役割を果たした。最大の
     論点の一つが、初期の学説において反全体主義思想の下で「民主主義」と予定調和的に捉えられ
     た人権観念のイデオロギー性の克服であったことは間違いがない。ただ、「科学的」人権理論
     は、様々な本質主義に絡め取られるリスクを抱えて出発した。また、少数者保護の発想は、組織
     少数者の特権確立に(意識的・無意識的に)寄与し、国民意識における反人権思想を育てる土壌とな
     った。ドイツで連邦憲法裁判所が追求した基本権保障の構造との対比を交え、現状における人権
     概念の隘路を突破する方法を探りたいと思いつつ……

   西村 裕一 会員 (北海道大学)
    「平和の『科学』、自由の『哲学』」(仮)

      「戦後レジーム」とは、日米安保条約を要石として、平和主義(専守防衛)と立憲主義(西側陣営)
     を実現するという体制であるが、これを可能にしたのが「東京裁判」という儀式であり、憲法学
     における「反米+非武装」という選択も、かかる物語の自明性を前提としていた。けれども、現
     在、その自明性は急速に失われつつある。そこで本報告では、かかる事態に対応すべく、戦後憲
     法学の遺産を再検証したいと考えている。

   辻村 みよ子 会員 (明治大学)
    「日本の戦後憲政史と主権・代表制・選挙権論
      ――憲法学は民主主義の定着/発展に寄与しえたか。いかなる民主主義か。」(仮)

      国体論争から70 年代主権論争・80 年代選挙権論争等を経た憲法理論の功罪と民主主義論の展
     開、改憲動向のなかの立憲主義論の課題等について、比較憲法史的視座から考える。

  ※当日13時30分より、研究総会会場におきまして事務総会を開催いたします。
   会員のみなさまには万障お繰り合わせのうえ、ご出席くださいますようお願い申し上げます。
    主な議題: 次年度研究テーマ
          新入会員の承認
          予算・決算の承認
          その他
  ※今回の春季研究総会では運営委員会委員選挙がありますのでご投票ください。
  ※会場周辺の飲食店は日曜日のため休業している場所も多いことが予想されます。
   会場からあまり離れず昼食を済まされたい会員の皆様は、同封のハガキにて
   お弁当(1000円程度)をお申込み下さい(4月20日必着)。
  ※総会終了後,17時からJR広島駅周辺で懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。
   ご出席される場合は同封のハガキにてお申し込みください(4月20日必着)。

4月月例会

  日 時: 2013年4月19日(土)15時‐17時
  会 場: 跡見学園女子大学 文京キャンパス 2号館 4階M2401教室
        キャンパスマップはこちらをご覧下さい(跡見学園女子大学HPへ移動します)
  報告者とテーマ: 
   門輪裕介会員(一橋大学・院)
    「現代社会と主権」
   宮内紀子会員(関西学院大学・院)
    「イギリスにおける在外投票権」

3月月例会

  日 時: 3月15日(土)14:30〜17:30
  会 場: 早稲田大学 早稲田キャンパス 15号館02教室
        キャンパスマップはこちらをご覧下さい(早稲田大学HPへ移動します)
  全体テーマ:実名報道をめぐる憲法上の問題
  報告者:
   井上知樹会員(工学院大学)
    「人間の尊厳から実名報道を考える―個人の尊重から『氏名権』を考える」(仮)
   榎澤幸広会員(名古屋学院大学)
    「知る権利(報道の自由)と実名報道の関係を精査する―表現の自由を問い直す」(仮)
   飯島滋明会員(名古屋学院大学)
    「無罪推定原則と実名犯罪報道」(仮)

12月月例会・忘年会

   日 時: 12月21日(土)15:00〜17:00
   会 場: 明治大学 駿河台キャンパス研究棟 2階第9会議室
       駿河台キャンパス内マップはこちらをご覧下さい(明治大学HPへ移動します)
       ※ 研究棟はリバティータワー裏手にございます
   報告者: 杉原 泰雄氏(一橋大学名誉教授・元会員)
       「『少国民世代』と日本国憲法 ー 憲法とともに生きて」

  ・忘年会
    月例会終了後、忘年会を開催いたします。
    今年の忘年会は憲法理論研究会50周年記念として行う予定ですので、
    みなさまぜひご参加ください。
    通信134号に同封のハガキにて出欠をお知らせください12月12日(木)必着

     日 時:2013 年 12 月 21 日(土)17 時 30 分頃から
     会 場:山の上ホテル別館B1南欧料理“シェヌー”(電話 03-3293-2837)
        http://yamanoue-hotel.co.jp/rb/cheznous/(外部ページに移動します)
     会 費:専任会員 8000 円程度 非専任会員 4000 円程度

11月月例会

   日 時: 11月16日(土)15:30〜18:00
   会 場: 学習院大学 西2号館 503号室
       gakushuuin
        (クリックすると大きな地図が表示されます)
   報告者: 吉良 貴之 会員(宇都宮共和大学)
       「憲法と時間」(仮題)

10月月例会

   日 時: 10月13日(日)公法学会終了後 17:00〜18:30
   会 場: 立命館大学衣笠キャンパス 以学館 31号教室
       アクセスについてはこちらをご覧下さい(立命館大学HPへ移動します)
   報告者: 内野 正幸 会員(中央大学)
       「適用違憲と違憲審査基準」(仮題)
   ※ 日本公法学会の進行状況により、月例研究会の開会が若干遅れることもありますので、
    お含みおきください。

夏季合宿研究会
  日 時: 2013年8月25日(日)〜27日(火)(予定)
  場 所: 富山県黒部市宇奈月温泉「フィール宇奈月」
       http://www.f-unazuki.net/
  幹 事: 栗田 佳泰 会員(富山大学)
  報告者: 芹沢 斉 会員(青山学院大)
       「企業の社会的責任論と人権尊重責務」(仮題)
       青島 明生 氏(現地報告者・弁護士)
       「イタイイタイ病に関する報告」
       彼谷 環 会員(富山国際大)
       「政策形成過程への女性参加をめぐる議論」(仮題)
       石川 裕一郎 会員(聖学院大)
       「近年のフランスにおける刑事法制の展開と被疑者・被告人の権利保障」(仮題)
  スケジュール:
       8月25日(日) 15:00 現地集合
              15:30 – 17:00 報告(芹沢会員)
              17:00 – 18:30 報告(青島氏)
              19:00 – 20:30 ディナーバイキング
       8月26日(月) 10:30 – 12:00 報告(彼谷会員)
              12:00 – 13:00 報告(石川会員)
              13:00 – 14:30 昼食・休憩
              14:30 – 17:00 現地見学
              ※有名な裁判の舞台となった地域の見学を予定
              18:00- 懇親会「宇奈月屋」(徒歩3分程度)
       8月27日(火) 朝食、打ち合わせ後、現地解散
  参加費用:専任会員  30,000円
       非専任会員 25,000円
       ※個室希望者は、別途加算料金がございます(1泊あたり+500円)。
        なお、個室には限りがございますので、先着順とさせていただきます。
【参加申込方法】
 参加ご希望の方は次の3つの方法で7月末日までにお申し込みださい。
 ・メールによる申込
  下のフォーマットをメールにコピー&ペーストし,必要事項をご記入のうえ,憲理研事務局
  info★kenriken.jp.net (★を@に変えてください)までお送りください。
   =======================
    2013年度 夏季合宿研究会参加申込

    ・ お名前
    ・ ご所属 
    ・ ご住所
    ・ 電話番号
    ・ メールアドレス 
    ・ ご意見・ご希望等 
   ======================
 ・FAXもしくは郵送による申込
  憲理研通信131号8ページの「参加申込書」に必要事項をご記入のうえ,通信記載のFAX番号もしく
  はこちらまで郵便でお送りください。

第6回ミニ・シンポジウム
  日 時: 2013年7月20日(土)14:00~17:30
  会 場: 日本大学 三崎町キャンパス 法学部10号館 3階 1031講堂
        http://www.law.nihon-u.ac.jp/access/index.html
          nichidai_campus_small
          (画像をクリックすると拡大します)
  テーマ: 「議会制度・選挙制度を考える」(仮)
  趣 旨: 国会法、議会制度、選挙制度を研究領域とする政治学者をゲストに招き、動きつつある議会政治
      につていま考えるべき諸問題の提起や提言をしていただき、憲法研究者の応答を交えて議会制の
      これからを考える場としたい。
  報告者:大山 礼子 氏(ゲストスピーカー・駒澤大学/政治制度論)
      竹中 治堅 氏(ゲストスピーカー・政策研究大学院大学/政治学)
  司会およびコメンテーター:
      岡田 信弘 会員(北海道大学)
      只野 雅人 会員(一橋大学)
春季研究総会のお知らせ
  日 時: 2013年5月12日(日)9:30~16:20
  タイムテーブル: 09:30~11:30 研究報告
          11:30~12:00 事務報告
          12:00~13:30 昼休み(運営委員会)
          13:30~14:00 事務総会
          14:00~16:20 討論および質疑応答
  会 場: 新潟大学 五十嵐キャンパス 人文社会科学系棟 E棟 1階 E160講義室
          2013niigata_campus_S
          (画像をクリックすると拡大します)
  幹 事: 成嶋 隆 会員(新潟大学)
  テーマ: 「社会変動と憲法学」
  趣 旨: 社会変動の中で、立憲主義の正統性さえ懐疑する風潮が生じている。変動を超える定点として、
      憲法の規範力に期待できるのか。政治学からの問題提起を受け、今、憲法学の可能性を探る。
  報告者とテーマ: 
      葛西まゆこ 会員(東北学院大学)
      「福祉・『平等』・憲法」(仮)
      木村 草太 会員(首都大学東京)
      「立法の法的統制:立法目的・立法事実・立法裁量」(仮)
      横大道 聡 会員(鹿児島大学)
      「政治部門の憲法解釈と憲法学」(仮)
      吉田 徹 氏(ゲストスピーカー・北海道大学/政治学)
      「ステイツ・オブ・デモクラシー:ポピュリズム・熟議民主主義・アーキテクチャ」(仮)
  司会者:江原 勝行 会員(岩手大学)・柳井 健一 会員(関西学院大学)

  ※当日12時より、第1回運営委員会を開催いたします。運営委員の皆様にはご出席くださいますようお願い申し上げます。
  ※当日12時より、若手交流会を開催いたします。詳細につきましてはこちらをご覧ください。
  ※当日13時30分より、研究総会会場におきまして事務総会を開催いたします。
   会員の皆様には万障お繰り合わせのうえ、ご出席くださいますようお願い申し上げます。
    主な議題:次年度研究テーマ
         新入会員の承認
         予算・決算の承認
         その他
  ※五十嵐キャンパスまでのアクセスは下のリンク先からご確認ください。
   ・新潟大学HP 交通アクセス・キャンパスマップ
   ・JR越後線(新潟〜新潟大学前)[2013年3月26日URLを更新しました]
    〔行き〕
     http://www.jreast-timetable.jp/1304/timetable/tt1137/1137031.html
      注:関屋行きは新潟大学前まで行きません。
    〔帰り〕
     http://www.jreast-timetable.jp/1304/timetable/tt1138/1138011.html
   ・新潟交通バス(新潟駅前(万代口)~新大正門前)
    〔行き〕
     http://bus.niigata-inet.or.jp/notice/view.asp?ROUTEID=27&POINTID=2007&STOPID=7
    〔帰り〕
     http://bus.niigata-inet.or.jp/notice/view.asp?ROUTEID=27&POINTID=569&STOPID=2
  ※五十嵐キャンパス周辺にはホテルがございませんので,宿泊を考えている会員におかれましては,
   新潟駅周辺に宿泊なさることをお勧めいたします。
4月月例会
  日 時: 2013年4月20日(土)15:00~17:00
  会 場: 早稲田大学 早稲田キャンパス 8号館 3階会議室
      http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html
  報告者: 城野 一憲 会員(早稲田大学・院)
      「アメリカ連邦最高裁の判例法理における「保護されない言論」の考え方」(仮題)

3月月例会
 日 時: 2013年3月16日(土)15:00~17:00
 会 場: 法政大学 市ヶ谷キャンパス 80年館 7階 会議室
     http://www.hosei.ac.jp/campus/ichigaya/index.html
 報告者: 土屋 仁美 会員(法政大学・院)
     「EU食品安全分野の予防原則における健康権の保障:科学的不確実性の議論を中心に」
12月月例会・運営委員会・忘年会
・12月月例研究会
 日 時: 2012年12月15日(土)15時~17時
 会 場: 早稲田大学 早稲田キャンパス 8号館 303会議室 
 報告者: 横田 耕一 氏(九州大学名誉教授/憲法学) 「象徴天皇制と憲法学」
 ・忘年会 
 12月月例研究会後、恒例の忘年会を開催いたします。 多くの会員の皆様のご参加をお待ちいたしております。
  ※ご出欠を郵送のはがきにてご連絡ください(12月10日(月)必着)。 
 日 時: 12月15日(土)17:00~ 
 会 場: 「早稲田蔵」 
      新宿区西早稲田1-2-1 東京メトロ東西線「早稲田駅」3b出口から徒歩3分 
      03-3202-8997 
      http://r.gnavi.co.jp/p856800/ 
 会 費:専任7,000円 非専任3,500円(予定) 
・2012年度 第3回運営委員会 
 12月月例研究会前に開催しますので,運営委員の皆様にはご出席下さいますようお願い申し上げます。 
 日 時:2012年12月15日(土)14:00~15:00 
 場 所:早稲田大学 早稲田キャンパス 8号館 303会議室 
 議 題:次年度研究テーマについて 
     次年度春季研究総会について 
     次年度春季研究総会時のワーキング・セッションについて 
     今後のスケジュール(月例会、ミニシンポ、夏季合宿等)について 
     憲理研ホームページについて 
     新規入会希望者の承認について 
     その他
11月月例会
     日 時: 2012年11月17日(土)15時~18時
     会 場: 明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 19階119HI教室
     報告者: 杉山 有沙 会員(早稲田大学・院)
      「イギリス障害者差別禁止法理で禁止する「障害に関係する差別」の意義」(仮題)
       中村 安菜 会員(明治大学・院)
      「日本における国籍の意義:国籍の歴史的展開からの考察」(仮題)
     ※明治大学駿河台キャンパスへのアクセス http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
     ※駿河台キャンパス内マップ http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
10月月例研究会・第2回運営委員会・臨時事務総会
     日 時: 2012年10月7日(日)18時~20時(臨時事務総会終了後)
     会 場: 法政大学 市ヶ谷キャンパス 外堀校舎 S307教室
     (アクセスマップ)
     ・キャンパスまで: http://www.hosei.ac.jp/campus/ichigaya/ichigaya.html
     ・キャンパス内: http://www.hosei.ac.jp/campus/ichigaya/index.html
  ※ 外堀校舎は⑤の建物です。
  ※ なお、当日は日曜日のため、正門は18時に閉まります。
     日本公法学会から連続して本研究会にご出席される場合は問題ないのですが、
     日本公法学会に出席されずに本研究会のみに18時以降にいらっしゃる場合は、
     直接外堀校舎の入口からお入りください(外堀校舎の入口は、正門の横のセブンイレブンの隣です)。
     報告者: 成原 慧 会員(東京大学)
      「アーキテクチャ、パブリック・フォーラム、表現の自由」
 ●10月月例研究会に先立ち、第2回運営委員会と臨時事務総会を開催します。
     日 時:2012年10月7日(日)
      運営委員会:17時~17時30分
      臨時事務総会:17時30分~18時
     会 場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 外堀校舎 S307教室
     議 題:次期運営委員長の承認について
       次期事務局長の選出について
       新規入会者の承認について
       その他
 ※ 日本公法学会の進行状況により、運営委員会・事務総会・月例研究会の
    開会が若干遅れることもありますので、お含みおきください。

 

 

▲このページのTOPへ